アルビと読書三昧の日々
大好きなアルビレックス新潟を見て感じたことや読んだ本の備忘録など

南三陸へ

今回の仙台戦は、旅行も兼ねました。
試合前日に松島へ行き、カキを食べました。初めての松島だったのでアレコレ見たかったのですが、そこは我慢。またの機会を待つことにします。

それから海岸線を北上。
シーパルピア女川で人前結婚式をチラ見。
道中、どこもかしこも工事、工事、工事。
車のナビ通りに走るけど、通行止めがあったり、通行している車が少なかったりで(三陸自動車道が第一選択なのでしょうね)無事に宿に着けるのか不安になりました。

着いた所がここ。
大川小学校跡地。
ちゃきんさんが「行った方がいい」って薦めてくれて、行ってきました。
うん。行ってよかった。「百聞は一見に如かず」とはこのことでした。
きっと、以前はおしゃれな建物だったんだと思われます。

IMG_8719

いったいどんなチカラがかかるとここまで曲がるんだろ。

IMG_8681

卒業生が作ったと思われる作品が校庭にありました。

IMG_8698

そして裏山。
「ここまで津波がきました」という立て看板は想像してた高さより低かったです。
歩いてみたかったけど立ち入り禁止。

IMG_8703

教室の様子が生々しい。

IMG_8674-1

私はね、教育者でもないし、学校関係者でもない。
成人した子どもをもつ、普通の母親。
どうして逃げられなかったんだろう、という思いは消えませんでした。
この場所は、子どもたちの魂が残っているのか、「これからどうするの?」と問われている気がしました。

それから、新しくなった南三陸のさんさん市場へ。
乾物をアレコレ散財してきましたよ(笑)
隣ではまだまだ工事車両が行きかっています。

IMG_8724

車がね、とっても汚くなったの。
泥というか埃というか。
それだけ多くの工事現場の横を走ってきた。
誤解を恐れずに言うとね、五輪やってる場合じゃないんじゃないか、って気持ちになりました。
五輪工事する人たちを東北に回してあげたい。

宿に着いて、翌朝の日の出は4時14分と聞いて、しっかり起きました、3時半に(笑)。
天文薄明は1時間前から、だからね。
雲がたくさんあって、日の出は拝めなかったけど。

IMG_8929

それでも。
日が差してきて、漁船の音がして、カモメの鳴き声が聞こえてきて、、。
ちょっと感動的ですらありました。

震災から6年経って、もうだいぶ復興しているんじゃないか、って勝手に思ってました。
全然だった。
復興住宅もあちらこちらにありました。
「遅い」ってことはないと思います。
今からでも、行ける方は自分の目で見て感じてほしいです。

 

広告

コメント / トラックバック2件 to “南三陸へ”

  1. 去年行ったとき「もう五年経っているから街は普通に家も建っているんだろうな」と思っていたのに、まだ盛り土作業ばかりでびっくりしました。今もそんなに変わってないのですか。
    やる以上五輪もきっちり成功させてほしいけれど、今や土木作業員も奪い合い状態。 なんだかなー。っていう気にはなります。

    • コメントありがとうございます。
      そう。「建てる」という行程ではなかったです。
      一昨日、初めてガソリンスタンドの洗車機で洗ってきたけど、なんだか名残惜しいような変な気持ちでした。
      現場で工事している人は毎日あの土埃の中で働いているんだもんね。
      五輪に従事する土木作業員を回してあげたいです。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。